廣田電気

隠蔽配管のエアコン取り付け|メリットとデメリット

お見積フォーム LINEでお問い合わせ

隠蔽配管のエアコン取り付け|メリットとデメリット

隠蔽配管のエアコン取り付け|メリットとデメリット

2023/08/30

隠蔽配管へのエアコン取り付け工事のご質問やご相談!

御新築や既設住宅を問わずは当店のお問い合わせでよくあるお問い合わせになります

詳しくブログで紹介していきましょう♪

 

1【隠蔽配管のエアコン取り付け(室内機側&壁中編)】

画像の例を見ながらの説明が分かりやすいと思います

新築のころから一度も取り付け履歴がないお部屋へのエアコン取り付けになります

室内機の設置個所には、壁から『2分3分配管・電線・ドレンホース』が出ており、

隠蔽配管に対応出来るよう壁内部に『先行配管』が施工されています

すぐ真下には、100V(ボルト)20A(アンペア)のエアコン専用コンセントがあります(画像1枚目)

 

1.1 先行配管とは?

 通常のエアコン工事は壁一枚を挟んだ壁穴で、室内機側と⇔室外機側を繋ぐ非常にシンプルな構成となりますが、

 今回のような隠蔽配管は、室内機の取り付面が外壁と面していない所となるため、

 壁の中にガス管・電線・ドレンホースを、石膏ボードを張る前の、配管や配線を壁の中に施工する事を、

先行配管と呼んでいます

 

1.2 隠蔽配管のメリット

 ・壁穴を貫通配管する通常工事ですと、どうしても外壁に面している室内機位置となりますが、

 隠蔽配管のメリットは、お部屋の間取りに対して、室内機の設置位置の自由度が挙げられます

 極端な場合ですと、家の中心で外壁に面していない場所にも室内機を設置する事も可能な訳です!

 

 ・例えば戸建3階ベランダ無しのお部屋で⇔室外機は地上の場合、

 配管を家屋外壁へ施工する必要が無いので、高所作業無しでエアコン取り付けが可能になります

 戸建2階であっても、高所作業の必要が無くなるので、大きなメリットとなります

 

1.3 隠蔽配管のデメリット

 ・エアコンの室内機と室外機の間には、ガス管(ペアコイル)や電線、排水ドレンを通す必要がありますが、

 隠蔽配管はレイアウト上、それらは壁の中や床下へ隠蔽して屋外へ通じています

 それらの先行配管類の交換などが必要な場合、壁を壊して内部にアクセスする必要があります!

 リフォーム絡みの工事となるので、工事費用は大変高額となります

 

 ・冷房時には、室内機から大量に結露水が発生いたしますが、壁の内部のドレン管に排水する事になります

 ちゃんと流れている分には問題ありませんが、排水経路の詰まりがあったり、

 ドレン管の断熱処理が甘かったりすると、壁の内部が高湿度となりカビなどの温床となります!

 壁の中だけに、普段の生活では気が付くことがなく、

 気が付けば大惨事になるケースが御座います

 

2【隠蔽配管のエアコン取り付け(屋外編)】

屋外側は通常工事のように配管の露出面積が極端に少なるなる事がメリットです

今回の例に挙げた工事のように、室内機の配管ジョイント部分と⇔壁からの配管は、

僅か30cm程になります

戸建の外観にこだわりのある方には、おすすめの施工方法となりますが、

通常の露出配管と比べ、隠蔽配管のエアコン工事は費用が高い目となります

 

3【隠蔽配管と言うだけで工事を断られる事も】

戸建orマンションに限らず『隠蔽配管の工事』と言うだけで断られる事が多いです、

特に前半でお話したような、壁の中へ配管類が通してある特性上、

後々のガス漏れ&水漏れのリスクから、承ってくれるエアコン工事屋さんが少ないのだと思います

他店で断られた隠蔽配管でお困りのお客様は、お気軽にお問い合わせくださいねっ♪

----------------------------------------------------------------------
廣田電気
〒520-2144
滋賀県大津市大萱7丁目1-3
電話番号 : 090-3655-5783

メールアドレス:masanori_hirota0615@yahoo.co.jp


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。